クララ フォン ツヴァイベルク

Clara Von Zweigbergk

デザイナー

スウェーデン
  • スウエーデン、ストックホルム出身のクララは、
    ストックホルムのベックマンズ・スクール・オブ・デザインを卒業後、
    海外での活動を経て、
    ストックホルムにスタジオを開設しました。
    現在は、プロダクトデザインを中心に様々な
    分野で活躍するデザイナーです。

    Design of Clara Von Zweigbergk

    クララ フォン ツヴァイベルクのデザイン

    Lots of dots  生地  ホワイトLots of dots  生地  ホワイト

    Lots of dots 生地 ホワイト

    3,850円(税込)~
    Lots of dots  生地  ブラウンLots of dots  生地  ブラウン

    Lots of dots 生地 ブラウン

    3,850円(税込)~
    Lots of dots  生地  ネイビーLots of dots  生地  ネイビー

    Lots of dots 生地 ネイビー

    3,850円(税込)~
    Lots of dots  生地  グリーンLots of dots  生地  グリーン

    Lots of dots 生地 グリーン

    3,850円(税込)~
    waves  生地  ベージュwaves  生地  ベージュ

    waves 生地 ベージュ

    3,850円(税込)~
    waves  生地  ブラックwaves  生地  ブラック

    waves 生地 ブラック

    3,850円(税込)~
    waves  生地  ブルーwaves  生地  ブルー

    waves 生地 ブルー

    3,850円(税込)~
    waves  生地  グリーンwaves  生地  グリーン

    waves 生地 グリーン

    3,850円(税込)~
    waves  生地  コーラルwaves  生地  コーラル

    waves 生地 コーラル

    3,850円(税込)~

    About Clara Von Zweigbergk

    クララ フォン ツヴァイベルクについて

    Q. あなたのバックグラウンドを教えてください。

    A. 私は、スウェーデンのストックホルムで育ちました。 何人かの才能あるアートディレクターの元で、アシスタントとして非常に重要な年月を過ごした後、Beckmans School of Design でグラフィックデザインの研究を始め、その後アメリカの Art Center College of Design でデザインを学びました。

    ストックホルムの Rivieran Design Studio の共同設立者となり、その後ミラノの Studio Lissoni でシニアグラフィックデザイナーとして働いていました。 ミラノで数年間過ごした後ストックホルムに戻り、2007 年に会社を再開しました。 2010 年より、アートディレクター (フリーランス) およびグラフィックデザイナーとして HAY と緊密なコラボレーションを行い、 ブランドのユニークで遊び心のある視覚的アイデンティティを確立しました。 私の作業分野は、主にグラフィックデザインとアートディレクションから、より多くの製品デザイン、パターンデザイン、テキスタイルまで拡大しました。 作品には美しいフォルム、色、手作業によるプロトタイピングが含まれています。 それらは、遊び心がありながら非常に魅力的です。

    Q. なぜトレファトレファに参加したのですか?

    A. まず一つ目に、私はトレファトレファにかかわる人々とコンセプトが気に入りました。 二つ目は、これまで紙にプリントするために沢山のパターンを作成していましたが、インテリアファブリック用にパターンを作成する機会を得たからです。 また、私のテキスタイルデザインがこれまでとは異なる分野で紹介され、広がっていくことが面白いと思いました。

    Q. デザインのストーリーテリングを教えてください。

    A. 2 つパターンの作成には、同じ遊び心のある方法が使用されています。 Waves はブラシと水彩で描かれています。最初のアイデアはまったく異なるものを描くことでしたが、色のテスト用に波模様を描いてみたところ、それが Waves となったのです。

    Lots of Dots は、視覚の遊びであり、ドットと線のレイヤーを互いに組み合わせてコンピューターで作成し、適度の視覚的な錯覚を与えるサイズを見つけるために沢山のサイズでパターンをプリントしてみました。 ドットパターンは、見る距離によって見え方が異なります。 ある地点では、長方形でできているように見えたり、または落下しているように見えるような錯覚を与えることができます。より近い距離で見ると、明らかにドットと線が連なっているのが分かります。

    私は、3D プログラムを使用するのではなく、紙、粘土、発泡体、かぎ針編み、または縫製して製品を作り、それをスケッチします。 私は素材を探すことが好きで、私の製品のほとんどは、素材や技術を探求することに興味を持つところから始まります。

    いつも作業を始めた時には、どんなものを作るのか明確な考えを持っていません。1 つの思考から、作業、テストと進み、それが徐々にアイデアとしてまとまって、形となって行きます。

    <受賞歴>
    2012 年 Wallpaper Design Award
    2012 年 Swedish Design S Award
    2016 年 Bruno Mathsson Award
    2016 年 Designer of the Year, RUM Magazine